お葬式の打ち合わせ

葬儀社に依頼をしたら具体的にお葬式の打ち合わせが必要です。これはいつ行うか、どういった形式で行うか、といったことや予算などの話し合いを行うものです。日程というのは斎場のスケジュールや友引の日の確認が必要であり、それによっては亡くなってすぐに行えない場合があります。斎場だけでなく火葬場も場合によっては待つことが必要な場合もあり、そういった日程の調整を葬儀社に依頼するのです。

打ち合わせではお葬式の内容と予算の話が中心となります。けっこう大きな金額のお金が動きますからきちんとその内容の確認が必要です。後からオプションとして追加がされて当初の予算の2倍近い費用を請求されてしまうということもあります。そこで、そういったトラブルが起きないようにきちんと規模やお花のことなど気になることは細かい部分まで確認するようにしましょう。

中には葬儀社からお金をかけることが故人のためになるといわれたり、見栄を張ってしまったりして高い費用をかけようと考える人もいます。しかし、高いものを選べばよいというものではありません。無理をすることなくきちんと故人が喜んでくれるか、ということを考えて内容を選べば規模の大きさや費用の高さは関係ありません。