お葬式までの準備

喪主として最初の仕事はお葬式の場所を決めることです。自宅や斎場、お寺など人によって行う場所は違ってきます。地域によっては自宅で行われることが一般的ですが、最近では斎場や葬儀社で行うことが多いです。地域柄に準じて選ぶようにします。また、会社の社長や創業者などの場合には会社が執り行うという申し出をしてきたり手伝いをする申し出をしてきたりする場合もあり、その際には協力してもらうことも可能です。

次に故人を病院から運ぶことが必要になります。お葬式の日程によってはすぐに葬儀社や斎場に運ぶことになる場合もありますが、友引をはさんだりなかなか会場が抑えられなかったりすると数日間自宅で安置するという場合もあります。そういった際には自宅への搬送も可能ですし、場合によっては斎場で預かってもらうこともできますので、自宅の広さや季節によって行動するようにしましょう。

葬儀社に依頼をすれば遺体の安置方法や菩提寺の住職への手配といったものもある程度は手伝ってもらえます。また、段取りとしてどういったことが必要かということも指示をしてもらえるので行動がしやすいです。故人の遺影についても写真を選べば画像処理をしてもらえますし、予算を伝えればそれに合った葬花や会場の設営といったこともしてもらえます。